最後の車はハイブリッド?K−CAR?

最後の車はハイブリッド?K-CAR?

年齢も50歳を過ぎて還暦も目の前に近づいてきました。

今の車は5台目になります。それまでの4台は3〜5年の周期で買い換えてきましたが。

今乗っているハイエースはすでに12年目に突入し、走行距離も22万kmを越えました。

まだまだエンジンは調子がよく、趣味のサーフィンをするためにはとても使い勝手がよく、

また、いろいろな場所にサーフトリップにも行ったりして、とても愛着もあるので

動かなくなるまで乗り続けるつもりです。

とは言ってもいくらハイエースが丈夫だと言え、ガソリン車でありディーゼル車に比べると

寿命は短いとも聞いているので、いつその時が来るかわかりません。

そろそろ次の車のことも考えないといけないと最近になって思い始めています。

本当は次の車もハイエースのようなタイプの車がいいのですが、

この先運動能力も鈍る一方であると思えるし、取り回しに苦労することも

考えられ、サイズダウンをした方がよいかなと思っています。

何よりもハイエースは値段が高くなりすぎて、手が届かなくなりました。

なのでコンパクトながらサーフィンの道具も十分積み込むことができる車を

第一候補の条件として検討しています。

こちら



さらに最近の原油高騰を受けてのガソリン代の値上がりで、燃費のよさも

重要な条件になります。

そういった点を考慮すると二つのパターンに絞られてきました。

一つはプリウスを始めとするハイブリッド車。

ただし荷物をたくさん積める車種となると多少値段が高くなるのが難点。

もう一つは軽自動車のワンボックス車。普通車顔負けの値段の車もありますが、

維持費も安いし、何と言っても高速代も安いのが魅力です。

取り回しも楽だし、走りも馬鹿にできません。

いずれにしても年齢から言っても多分、次が私の人生で最後の車になる可能性が

大きいので、じっくり検討し後悔しないように選びたいと思っています。

車で雪道運転は気をつけなければいけない

季節はようやく本格的な秋を迎えましたね。

日に日に寒くなっていくことを肌で実感しているところです。

秋が終わればついに冬が始まりますね。

冬と言えば雪です。

そして雪といえばウィンタースポーツ。

僕は毎年冬になると山へスノーボードを滑りに行きます。

こちら



スノーボードに行くために必ず必要になるのが車です。

なのでスノーボードと車は僕の中では切っても切れない関係にあります。

毎年車で山に向かうのですが、その度に思うのは絶対にスリップしない車はないかなぁということです。

頻繁に雪道の中、山へ通うと時にはスリップして危ない時もあります。

なので雪道の運転は特に注意しなければいけません。

もちろん冬用タイヤはちゃんと履いているのですが、それでも滑る時は滑るんですよね。

もうスリップした時は本当にビックリしちゃうので、早く絶対に滑らないタイヤが発明されないか期待しています。

まあ実際にはなかなか難しそうですが。

また、滑りやすい道路以外にも、雪山へ向かう途中にはかなり降り積もった地面もあります。

中にはしっかりと圧雪されていない道なんかもあったりして、そういったところをうっかり走ってしまうとタイヤがハマってしまって身動きが取れない状況になってしまいます。

なので、冬の運転というのは本当に注意すべきことが多いと感じています。

今年もおそらくたくさん山へ通うと思うので、事故には気をつけたいですね。

それと、スノーボードは板やブーツ、もしくはウェアといった荷物がとても多くなるウィンタースポーツでもあります。

こちら



ですので、車はできるだけ大きい方が余裕を持って荷物を積めるのでオススメです。

特に個人的にはミニバンがとてもスノーボードには最適だと思います。

車内が広い車は快適ですからね。

国産車から外車へ買い替え

実家では、日産のサニーを17年愛用してきたが、大分、ガタがついてきたのもあり、車を買い替えることにした。

日産のサニーは今どき珍しいマニュアル車で、私は18歳で車の免許を取ってから、オートマには乗ったことが一度もないのだ。

そして、私の父もずっとマニュアル車を愛用していた。

父から車の買い替えをしようと思うと話されたとき、あっと新しい車に乗れるとワクワクしていた。

父はトヨタの86が乗りたいと当初言っており、お台場まで行って試乗しに行っていた。

私は土日になるたんびに、父に連れられて、いくつものディーラーに足を運んだ。

私自身、お世辞にも車の運転は上手だと言えないのだが、昔から車は好きだと思っていたし、運転するのも好きだと思っていた。

しかし、実際にディーラーに行き、営業の方と話したりしていると、車の知識に全くついていけす、頭が混乱するばかり。

しまも、チラシで見ていた車と実際に目で見た車の違いに唖然とした。

こちら



チラシで外見だけ見ていると、良さそうに見える車も実際に見たり、車内に入ると、雰囲気が合わないと思うことがしばしばあった。

むしろ、この車の乗り心地が良くないとか、運転しにくそうなど、どんどん欠点ばかり見えてきて、今まで乗っていた日産のサニーがとても愛おしくなってきた。

星の王子様の1節で「大事なものは目に見えない。」という有名なことばがあるが、まさにそうだった。

だんだんと車を見ているのさえしんどくなってきた私は、一旦、車を買い替えることから頭を離してみて、最近出来なかった気分転換を休日に思い切ってやることにした。

そうしたら、少しづつであるが、この車が良い!という実感がフツフツと湧いてきた。

良い気分になったとこで、お目当ての車を試乗しに父とフォルクスワーゲンの店へと足を運んだ。

一番初めに入ったディーラーがフォルクスワーゲンで、車内に入ったときも日産と同じような感覚で落ち着きがあったのを覚えていた。

実際に試乗してみると、やっぱり、日産のサニーと似てる。例えるなら、引っ越す前の家と引っ越した先の家との構造が似てると言えば分りやすいのだろうか。

そんなこんなで最終的に、フォルクスワーゲンのゴルフに決まった。


こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>