大好きな車

大好きな車

私は車が大好きです。

なにが大好きかというと、もちろん運転も好きですが、その車のデザインや機能を知ることによってますます魅力的に

感じます。

今までにたくさんの車を乗ってきましたが、一番多かったのが、ホンダの車です。

外観もとても素敵ですが、エンジン音やホンダ独特のスタイリッシュさにとても惹かれます。

なので、乗っていても全然苦痛に感じません。

ドライブもしょっちゅうしてました。

以前はよく遠出の旅行もしていました。

ほとんど私の運転でした。

アコードなんかは中も広いので、車中で一泊の旅行もしましたが、とても楽しかったですよ!

今は、軽自動車に乗っていますが、ひと昔前までは、自動車のサブ的存在だった軽自動車も、今では普通車を追い越す勢いで

人気ですね。

新車価格もびっくりするような値段でも、すごく人気があり、納車まで何か月待ちだったりするようです。

でも昔に比べると、機能や快適さもそれなりに進化していて、普通車顔負けです。

特にびっくりするのが、車内の広さです。

こちら



普通車よりも広いんじゃないの??と思うくらいの広さだったりします。

それに対して、維持費は普通車に比べると格安です。

燃費ももちろんいいですし、税金も安いし、車検も安い!

毎日の生活に使うのなら、断然軽自動車の方がいいと思います。

私は今、ダイハツのハコバンに乗っているのですが、中もすごく広く、トランクにはたくさんの荷物も入ります。

ベビーカーなんかは、折りたたまなくても楽々入ります。

シートもフルフラットに出来るので、寝ることもできるし、よくドライブに行ったときに、シートをフラットにして

その上で昼食を食べたりもします。

まるでピクニック気分で、子供は大喜びです。

すごく使い勝手もいいので、また買い替えもハコバンにしようかなと思ってるくらいです。

ほかにもいい車、たくさんありますが、特におすすめの車です。

我が愛車も疲れてきたようです

新車を購入してもう9年目に突入してしまいました。買った当初ピカピカだった愛車も最近では色々なところに年数を感じさせています。

こちら

元々あまり洗車などをしない私ですが、その反面車内清掃はバッチリ、何となくですが車内というのは生活空間というような感覚があり、マイホーム同様いつもキレイにしているのです。

車内を彩るアクセサリー関係などはあまりつける方ではありません。シンプルでありながら、それでいて高級感を感じさせる空間が私にとっては最高な空間。ですから乗り始めた当初のほぼ同じ状態で今日という日を迎えています。

もうだいぶ古いので整備も毎回丁寧に行っていますし、走行距離や年数の割にはかなり程度が良いのではと自慢できるほどですね。ちなみに走行距離は既に10万キロを軽く越していますが、それでも毎日元気良く走行してくれています。

しかしそれでももう10年目がすぐそこまできていますから、そろそろ買い替えかなと感じていますし街中などに出掛ければ新車や中古車が自然に視界に入り買い替えたいという気持ちが強くなっているのでした。

じゃあ次はどのような車を買うのか?と言えば現時点では1300ccクラスが良いかと考えています。燃費・税金・安全性・乗りやすさという観点でいうと一番バランスが取れているように感じるからです。大きすぎず小さすぎずと言ったところでしょうか?

そして1300ccクラスであればもちろん新車を購入でしょう。

こちら

新車のキレイな状態やそのニオイは本当に最高!今はそれに向けて密かに準備をしている状態という事ですね。あと何年我が愛車を乗るのかまだ検討中ですが、ちょっと疲れているようなので大事に、そして感謝しつつも新車購入に向けて準備していきたいと思います。

大好きな車を運転して

今から10年前になりますが、18歳の時に普通自動車免許を取得し、20歳の時にアルバイト代で貯めたお金で、念願のセダン車を購入しました。なぜ、念願かと言いますと、18歳の時に憧れていた先輩が、そのセダンを運転しているところを見てかっこいいと思ったからです。単純な理由からなので、今考えると少し照れくさいと感じます。

初めてそのセダンを運転した時は、思っていたより車体が大きく感じ、運転が怖かったです。心配した叔父が、私が運転する時は約1ヶ月間、慣れるまで助手席に乗りアドバイスをしてくれました。なかなか上手くいかなかったことが、車庫入れです。バックすることは難しいと痛感した瞬間でもありました。叔父のOKサインが出るまで自宅の車庫で練習を続けました。

1ヶ月が経過し、叔父が1人での運転を許可してくれたため、大学やアルバイトへ車を運転して行きました。

こちら

今まで公共機関を利用していたため、車を運転して通学等ができることはとても楽でした。初めての1人での車庫入れは緊張しましたが、車庫入れの練習の成果もあって、車と車の間への駐車もスムーズにできるようになりました。完全に運転に慣れるまでは、助手席に友人を乗せることは事故等何かあった時に大変だから禁止と叔父から言われていたため、友人に自宅まで送って欲しいと言われてもしばらくの間断っていました。自分自身も、まだ完全に運転に自信が無かったからでもあります。

セダンを運転し始めて1年が経過し、運転にも慣れ、友人を乗せて送迎することもできるようになりました。しかし、慣れたこともあってか気の緩みが出たのでしょうか、通学途中に私の左右確認がしっかりできていなかったことにより、交通事故を起こしてしまいました。幸いお相手も自分も怪我は無く、車体同士の破損のみでしたが、お相手の方にはご迷惑をかけました。当然、叔父は心配して事故現場にかけつけて来ました。運転に慣れた頃が危ないから今後も気をつけるようにと注意され、深く反省した思い出があります。

車の運転は快適で楽でもありますが、事故等の危険を伴うこともあります。これからも安全な運転を心がけるようにし、車を大切に乗りたいと思います。


-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>