大好きな車

大好きな車

最近、車に乗る若者が少なくなってきたそうです。

時代の流れでしょうか?

交通手段も増え、車の必要性がなくなってきたのでしょうか。

私は、免許を取ってもう20年近くたちますが、私が免許を取るころは、車の免許を取ることが大人への第一歩といった感じでした。

それに、免許を取って車に乗るという憧れもありました。

それに比べると、今の若い人は車への魅力がないのかな?とも思います。

車に乗ると楽しいことがたくさんあります。

私は、車の運転も大好きなので、よくドライブへ行きます。

天気のいい日には、当てもなくいろんなところへいき、面白そうなところがあればそこへ立ち寄ったりします。

この前は、偶然にもそのまちで祭りがあっていて、小さな祭りでしたが楽しんできました。

海岸沿いをよくドライブすることもあるのですが、朝早かったりすると、朝市があったりして、その日にあがった

おいしい海産物を安く購入したりもします。

旅行にもよく行くのですが、今乗っているのが軽自動車のアトレーで、車内がとても広く、シートもフラットになるので

一泊かけていく場合に車内で寝泊まりしたこともありました。

こちら



ホテルで一泊もいいですが、適度な狭さがキャンプをしているみたいで、子供は大喜びでした。

でも寝るのは充分に広いので、快適でしたよ。

いろんな車に乗ってみて、機能的にも今の車が一番いいかもしれません。

以前は若いこともあってか、外観を主に選んでいました。

私はホンダの車が大好きで、シビックやアコードなどのってきました。

スタイリッシュな形が大好きで、乗っていることに誇りを感じていました。

今では、子供もでき、維持費もかからない軽自動車に乗るようになりました。

乗ってみると、軽自動車もとても機能性も良く、快適ですね。

今は、軽自動車の方が人気なようで、次は何に乗ろうかな?と考えております。

軽キャンは自由で手頃なキャンピングカーです

車に詳しい方もそうでない方も、キャンピングカーに対しての憧れは一度は描いたことがあるのではないでしょうか?

行きたい場所に自由に行けて寝泊まりが出来る。

ロマンのある話です。

ですが、キャンピングカーは車体も大きく維持費もかかります。

もちろん車体本体の値段も相当なものです。

ただ、誰にでも買えるお得なキャンピングカーも存在します。

こちら



それは軽キャンと言われる軽四ベースのキャンピングカーです。

メーカーから出ている車体を専門のお店で改造してもらうのですが、車体込みで200万円台でも買えます。

モノによっては100万円台の物もありますし、中古でも出回っています。

軽キャンはベースが軽四ですので、大きな駐車場も必要無く維持費も安く済みます。

税金などももちろん軽四と同じです。

車内はもちろん広いとは言えませんが、小さなシンクがあったり大人2人が寝れるくらいのスペースも作れます。

中には2段ベッドの様になる物や、天井の上にポップアップ式のテントが付いている物もありますので家族4人程度なら寝泊まりすることが可能になります。

太陽光パネルが付いていたり、色々な機能を持っている車があるので好みに応じて選択することが出来ます。

手頃な価格で夢を叶えてくれる軽キャンがあれば、気軽に家族でキャンプに出掛けることも可能です。

子供を連れて海や山に行ったり、きっと軽キャンだからこそたくさんの思い出が作れるはずです。

普段の生活に乗る車としても充分に使えますので、本当に無駄がありません。

こちら



高い、そして場所を取ると言う理由で諦めていたキャンピングカーですが、軽キャンならそんな心配はありません。

軽キャンと共に旅に出掛けてみませんか?

手頃な大きさだからこそ、自由があります。

パトカーに停められた理由はキープレフト違反だった

どの様な車種に乗るのかはその人の車の使い方によります。通勤や買い物が中心の街乗りであればコンパクトカーや軽自動車

になります。長距離の遠出や旅行に車を使うのであればワンボックスカーやステーションワゴンが向いています。

車の良さは現地での足になることです。電車で目的地に着いてもそこからの移動は徒歩、バス、タクシー、レンタカーになります。自分の車であればフットワークが軽く自由に動けます。

ステーションワゴンは便利な車です。4〜5人乗車は乗用車とまったく乗り心地は変わりません。ライトバンとは違います。

ステーションワゴンで旅に出れば世界が広がります。途中で気になる風景や施設があれば自由にそこに行くことが出来ます。

機動力が非常に高いのが長所です。

高いお金を出して宿泊施設に泊まらなくても寝袋さえあればステーションワゴンの中で寝ることが出来ます。

後部座席を格納すれば2m近くのスペースが出来ますから普通の大人でも充分に寝ることが出来ます。

こちら



特にキャンプ場であればカーサイトがありますから安心です。尤も道の駅の様にトイレと水さえあれば場所を選びません。

そのステーションワゴンも需要が減っている様で老舗のメーカーがステーションワゴンの製造を中止するとの報道がありました。とても寂しいニュースでした。

長年車を使っているといろいろなことがあります。

ある時キャンプ場に向かうのに高速道路を走っていました。4人が乗っていて話に花が咲いていました。

地方の田舎を走る高速道路で空いています。前を走る車を追い越すために車線を変更しました。暫くそのまま走っていると

速度を取り締まる機器がありました。そこに近づいた時はスピードを落とし超えた地点から再びスピードをアップしてそのまま追い越し車線を走りました。

すると突然後方にパトカーが出現し停車する様にマイクで呼びかけています。何かと思い停車するとパトカーに乗るように指示がありました。取締りのスピードメーターが110kを表示しています。しまった、スピード違反だと思いました。

ところが違ったのです。走行車線に戻らずに追越車線を走り続けた違反でした。違反の金額はスピード違反に比べれば小さいものです。

この時ばかりは取締りの警察官に感謝しました。



<<前のページへ   次のページへ>>