初めてアメリカでしたレンタカー

初めてアメリカでしたレンタカー

メキシコに住んでいた時に、よくロサンゼルスに買物や旅行に行っていました。

皆さんもご存知かと思いますが、ロサンゼルスは最近電車ができたとはいえ、昔から車を使用して動く事がベースになっている場所です。

基本的にアメリカは車社会です。ロサンゼルスという大都市でも車があるのと無いのでは動ける距離が大きく変わってきます。

初めてそのロサンゼルスでレンタカーをした時です。

乗ったのはトヨタのcamryです。行ってみればカローラとクラウンの中間をとった感じの車種ですが、これに乗る前に知人のcamryに乗った事があり、その時にも快適だなと思っていました。

しかし、ロサンゼルスで初めてしたレンタカーのcamryはより快適に感じました。

私が運転していたのではなく、友人が運転していたのですが、それを見ていても、かなりゆったりした感じで運転しているなと思いました。

車体も大きめだし、後部座席と前の席の間も余裕があるので、後ろに誰か座ってもその人達は快適に座れるはずです。

しかも後部座席に大人3人だと結構きつきつに乗るという感じですが、camryの場合はそんな事はないなと思いました。

こちら



もちろん、内装もトヨタらしくシンプルで、私好みという感じでした。

そして、その車を使ってレドンドビーチを散策したり、ある日はラスベガスに5時間弱かけて行きました。

初めてのラスベガスはロサンゼルスから車を使って行けるなんて考えた事もなかったので、かなり満足した旅が送れました。

それに、大してガソリンも使わなかったというのには驚きです。車体が小さくないし、距離もありましたから、ガソリンがたくさん必要だろうなと思っていましたが、合計3日間でタンクの半分くらいのガソリンを消耗しただけでした。

リッチな感じも味わえましたし、この車にあたって良かったです。

車を購入して体験した苦い思い出

私が今乗っている車は今年で10年目になります。これまで私が所有した車は合計で2台です。今年32歳という年齢を考えれば少ないほうかなとも思います。

現在乗っている車は大きな故障もなく燃費もいいため安心して乗る事ができています。しかし私が始めて購入した車には故障を含め色々な思い出があります。

この車は中古で購入したのですが購入して一週間で故障しました。

こちら

オートマ車にも関わらずバックをしている最中にエンストを起こしたのです。おまけに走行している最中には黒煙のような物がマフラーから出ていました。これはおかしいと思いすぐにディーラーに持っていくと燃料タンクに亀裂が入りそこから燃料が漏れていると説明されました。もう少し来るのが遅ければ炎上していたかもしれないとまで言われました。文句の1つも言ってやりたかったですが親もお世話になっている担当者だったのでそこはぐっと抑えました。

その後車は順調だったのですがある日車上荒らしに合ってしまいまいした。

会社に行こうと思い車に乗ったところ助手席側から風を感じました。窓を開けたままにしてしまったのかなと思い助手席を見るとガラスが粉々に割られていました。不幸中の幸いなのか中身は何一つとられていませんでしたが窓ガラスの修理代だけが私にのしかかる事になったのです。

更に一週間後には事故のまきぞいを食ってしまい右側のフロントが破損してしまいました。車は修理して直りましたがその一件から車の調子が悪くなってしまいまいた。

私の今乗っている車は新古車です。元々は試乗者だったそうです。最初に購入した中古車でとても嫌な思いをしたので中古車の購入には慎重になります。

こちら

次買う車は新車にしようと考えています。

運転代行と二種免許

私は自動車の代行運転手の仕事をしております。この仕事は、お酒を飲んだ後のお客様とその方が乗ってきた車を、自宅迄送り届けてお金を頂くという仕事です。

2人1組のペアで、1人がお客様の車を運転して、もう1人が会社の車で後をついて行って、到着した後は2人で会社なり待機場所に戻るという内容です。

どちらかといえば、交通の便が発達していない地方で多く利用されている商売かもわかりません。実際に都会から帰省して来た方が地元に帰った時しか使った事が無い、または初めて利用したと言われるのを良く聞きます。

私はお客様の車にお客様に乗ってもらって運転する方で、その仕事にはタクシーと同様に、普通自動車二種免許が必要になります。

実は10年以上前には必要なかったのですが、全国的に事故が多く法律で義務付けられました。今となっては怖くなる位手軽に出来る仕事だったのですね。

私がこの仕事を始めたのは平成25年の6月で、その際に免許も取得しました。

自動車学校に缶詰めで10日間で卒業して、翌日試験場で筆記試験を受けて合格しました。

こちら

自動車学校は指定された学校でしか二種の教習は無く、入校も月に二回しかありません。指定された時間割をスケジュール通り全部こなさないといけないので、働きながらだと夜間で二週間掛けて通う事になります。

費用は一種免許があれば23万円位です。教習内容の特徴は、実技は一種の復習とクランクS字コーナーのバック、あと60度の鋭角コーナーを二回以内の切り返しで進む。

後はタクシーのシュミレーションです。教官を客に見たてて、言われた所で停車する。その時に引っ掛けで停車しては駄目な所を指示されたらそこに止まると検定中止になります。

電柱を待っているお客様に見たてて後部座席のドアをピッタリ合わせて停車するというのもありました。

学科はバス、タクシーのお客様を乗せて運転する際の安全意識や、法律に関する内容と一種の時の内容もありました。ある程度運転経験があればさほど難しくは無いかもわかりません。転職の際のスキルアップの為に取得される方も結構いますね。

でもどちらかといえば、費用は高いのですが思い切って大型二種を取られたほうが仕事の幅が広がるので良いとは思います。私の場合は今の会社が普通二種の取得費用を全額負担してくれたのでそちらを取得しましたが、同じ時期に通ってた人はみんな大型二種でした。


-こちら


  次のページへ>>